沖縄恩納村ダイビング

ダイビングの基本とレジャ-として発展したダイビング。ダイビングとは、日本語でいうと潜水という意味で、空気を詰めたタンクを使ったスキュ-バダイビングや息をこらえて潜水を行うフリ-ダイビング、地上からホ-スで空気を供給するフーカ-潜水などがあります。

もともとは潜水は趣味などではじめられたものではなく、食糧の確保などのために、海により深く、より長く潜る工夫がなされてきました。現在でいうと海女さんのような職業の人がたくさんいてそこで潜水の工夫がされてきました。現在のように趣味として発展してきたのは、1940年代半ばに、レギュレ-タ-の開発が行われたこTでより、器材も発達してきたためです。日本にも1947年にレギュ-レ-が輸入され、1950年代前半になると、レジャ-ダイビングが国内に普及し始めました。

沖縄にある恩納村ダイビングでも有名なこの町は、国道58号線沿いにはリゾ-ト施設が多くある日本屈指のリゾ-ト地と言われ、人気があります。恩納村ダイビングは種類もたくさんあり、体験コ-スであれば、だいたい1日10,000円前後からあり、本格的にダイビングを楽しみたい人のために、短いもので1日、長いものであれば1週間程度のダイビングライセンス取得も用意されています。

おすすめの恩納村のダイビングはこちらから